クッキータイム 永華

いっちーの
”世界成福”ブログ



和歌山旅行(2016年3月)


こんにちは、いっちーです。
今回は和歌山旅行記です。木曜日は豊橋、大阪出張、金曜日は徳島出張と忙しい日々を過ごしておりましたが、
週末は未だ行った事のない和歌山を旅行しました。今回の旅行のポイントは、

  1. 和歌山市内でレンタカーを借り、自由に移動♪
  2. 高野山、那智の瀧、熊野大社等、和歌山観光のメインスポット攻める♪
  3. 太地町で鯨を食べる♪

となります。今回の旅行記をサクッと纏めてみましたので御覧下さい♪






1. ~徳島から和歌山~

スタートは徳島駅からなのですが、ここからフェリー乗り場行きのバスに乗ります。所要時間はざっくり20分、
運賃は210円となります。1時間に2本位しか出ていませんので御時間には十分御注意を。

此方はJR徳島駅です。特攻服を着た中学生位の集団が30人位で屯していました。彼らは一体何をしていたのかな~?
徳島駅

今回、徳島から和歌山への移動は南海フェリーを利用したのですが、約二時間で移動出来ます。料金は片道2,000円で、
船内はいたって普通ですが静かで寛げますのでお勧めです。南海フェリーウェブサイトのURLを貼っておきますね。

》南海フェリーウェブサイト

乗り場はこんな感じです。見づらくてすいません。。。 南海フェリー

夕飯はフェリー内の食堂で徳島ラーメンを頂きました。醤油豚骨のスープで、チャーシュー、ネギ、もやしと
シンプルな構成です。ご飯もトッピングしました。 徳島ラーメン

徳島ラーメン

約二時間の船旅の後はバスでJR和歌山駅へ。約30分程です。
今夜の宿泊先は”東横インJR和歌山駅東口”となります。JR和歌山駅東口から徒歩5分位の立地なのでアクセス抜群です。
駐車場もあり、60台以上停められるようなのでお車で旅行されている方にもお勧めです。下記にリンク貼っておきますね。

》東横インJR和歌山駅東口

ホテル到着時は既に22時近くで少々疲れていたので、一杯ひっかけずに明日の準備をして床に着く事にしました。
其れでは、おやすみなさい~。

2. ~高野山真言宗 総本山金剛峯寺~

ぐっすり眠って疲れが取れましたので朝食後にチェックアウトし、レンタカー屋さんにピックアップしてもらいます。
今回私が利用したのは、¥100レンタカーさんです。
JR和歌山駅からは歩いて行くと20分位掛かるらしいのですが、予約すると駅前まで迎えに来てもらえます。
今回借りたのは三菱自動車のekワゴンです。一人旅なので軽自動車で十分です。費用も抑えたかったです。
三菱ekワゴン

駅前にはJRレンタカー、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー等がありましたので、時間を有効に使いたい方であれば
そちらの方が良いかもしれません。スカイチケットのサイトでは格安レンタカーを一括比較出来る様なので興味のある方は
御確認下さい。(¥100レンタカーは掲載されていないだろうな~。)

》全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】 スカイチケット

という事で、先ずは弘法大師こと空海が開創した高野山真言宗 総本山金剛峯寺へGO!
¥100レンタカーさんから1時間半程のドライブ。ガンガン写真をアップしていきます。

金剛峯寺第二駐車場から金剛峯寺に向かう途中にある高野山金剛講総本部、高野山大師協會本部です。 高野山金剛講総本部,高野山大師協會本部


常喜院です。ここ、宿坊やられてます。 常喜院


常喜院赤地蔵尊です。
常喜院赤地蔵尊


金剛峯寺は何かのイベントがあったらしく、一般の参拝者は入場制限があった様なので行けるところまで行きました。
金剛峯寺

金剛峯寺

金剛峯寺

金剛峯寺


こうやくんが可愛いですね♪
金剛峯寺

金剛峯寺


国道480号線です。大阪府泉大津市から和歌山県有田市迄の約150kmを結ぶ道路です。
金剛峯寺


インパール作戦に従軍された英霊を祭るビルマ戦没者供養塔です。
金剛峯寺


弘法大師御廟へ!
弘法大師御廟


奥の院口です。伊達正宗とか前田利家等の有名大名のお墓があります。
奥の院口

奥の院口

奥の院口

奥の院口


中の橋入口です。バスで此方迄来てから見学されるのが一般的な様ですが、私は最後に此方に出てバスで戻りました。
この奥は歴史上の有名な大名や有名企業で働いて事故で亡くなった方へのお墓があります。
奥の院口


既にお昼を過ぎていたので光海珈琲で昼食を。 光海珈琲

光海珈琲


注文したのは特製チキン南蛮定食 1,200円です。タルタルソースとチキンのコンビが絶妙です♪ 光海珈琲


歩き疲れお腹もペコペコだったのでガッツいちゃいました。 光海珈琲


一点、注意なのですがお店の周りの駐車場は、お寺に参拝する人用の駐車場となりますので、どっかのお寺の駐車場に
停めて参拝もせずに真っ直ぐ駐車場を後にすると、若坊主が追っかけてきますのでくれぐれも御注意を!

3. ~熊野本宮大社~

光海珈琲で空腹を満たした後は高野龍神スカイラインを通って熊野大社へ向かいました。標高1,000m位の所を走るんですが
お天気に恵まれた事もあり、凄く気持ち良かったです。私の故郷・千葉県は500m以上の高さの山が無いんですよね。
マザー牧場のある鹿野山の方に行くと凄く山の方に来た感じがするのですが、気のせいなんですね。。。(笑)

途中、景色が良いスポットがあったので写真を♪
高野龍神スカイライン

高野龍神スカイライン

高野龍神スカイライン

高野龍神スカイライン

高野龍神スカイライン


和歌山朝日夕陽百選との事です。
高野龍神スカイライン


ごまさんスカイタワーです!
ごまさんスカイタワー


秋は紅葉に彩られるのでしょうね~♪
高野龍神スカイライン

高野龍神スカイライン

高野龍神スカイライン


この龍神スカイラインを1時間半近く運転し、ようやく熊野本宮大社へ。
サッカー日本代表のユニホームにもデザインされている八咫烏が有名な神社です。
熊野本宮大社

熊野本宮大社


大社が3, 4殿あり、祀られている神様も其々違い、御参りする順番も有る様です。
熊野本宮大社

熊野本宮大社


本当に美しい社です。
熊野本宮大社

熊野本宮大社

熊野本宮大社


八咫烏の由来です。明治時代にサッカーが日本に広まった時から日本サッカー協会が八咫烏を使用しているのは
ビックリです。長~~~い歴史があったのですね。 熊野本宮大社


「気」の字。ビシッとします。
熊野本宮大社

熊野本宮大社


御参りが済んだ後は徒歩で大齋原(おおゆのはら)へ。凄く立派な鳥居で、日本一の高さ(33.9m)をほこっております。
大齋原


立派な鳥居です!
大齋原

大齋原


この大齋原、世界遺産なんです♪
大齋原


こちらにも「気」の字が。
大齋原


大齋原には、且つて川の中州に大きな社があったようです。明治時代の大洪水によって倒壊してしまったとの事。
残念です。。。
大齋原


ここ大齋原では、キャンプは出来ませんので御注意を♪
大齋原

大齋原


先で述べたとおり、昔は写真で見える川の中州に熊野本宮大社があった様です。
大齋原

大齋原



4. ~潮岬~

大齋原を後にし、本州最南端である潮岬へ。
潮岬

潮岬

潮岬

潮岬


綺麗な夕陽写真が撮れるかな~っと思い車を飛ばしたのですが、一寸間に合わなかったみたいです。
潮岬

潮岬


潮岬を後にし、ホテルのある那智勝浦町へ移動。夕飯はホテル近くのたつみやで食べました。
焼肉と魚料理が同時に食べられる素晴らしいお店です。気分的に魚を食べたかったのでマグロ定食、
マグロの目玉それと栄螺のつぼ焼きを注文しました。
潮岬


先ずはビールで乾杯~!2杯いっちゃいました。
潮岬


マグロ定食です。
潮岬


マグロの目玉です。
潮岬


栄螺のつぼ焼き
潮岬

今夜の宿泊先は勝浦湾を一望できる"ビジネスホテル ブルーハーバー"となります。
最寄りの駅はJR紀伊勝浦駅から徒歩7分位の立地なので十分歩けます。駐車場は25台あり、無料です。
下記にリンク貼っておきますね。

》ビジネスホテル ブルーハーバー

5. ~那智の瀧、飛瀧神社~

宿泊したビジネスホテル ブルーハーバーの外観です。
ビジネスホテル ブルーハーバー


ちょっと曇っておりますが、何とか持って欲しいです。
勝浦湾


ここから紀の松島観光船が出てます。
今回は時間がありませんでしたので、又の機会に取っておきます。
其れでは本日初めの目的地・那智の瀧へ。
紀松島観光船紀松島観光船


那智の瀧までは車で30分弱でした。坂を上がっていくと駐車場がありますので駐車料金を払って停めます。
駐車料金は500円だったかな。
那智大瀧

那智大瀧


世界遺産で~す。
那智御瀧 飛瀧神社


歴史を感じます。
那智御瀧 飛瀧神社


世界遺産碑です。取り敢えずパシャリ♪
那智御瀧 飛瀧神社


鳥居と瀧が良い感じです。
那智御瀧 飛瀧神社

"延命長寿のお瀧水"です。近くに専用の杯がありますので幾らか納め、お水を頂きます。
ガッツリ飲んでおきましょう!
那智御瀧 飛瀧神社

那智御瀧 飛瀧神社


那智の瀧を後にし、そのまま徒歩で熊野那智大社に向かいました。途中、三重の塔があります。
三重の塔

三重の塔


世界遺産の青岸渡寺です。
青岸渡寺

青岸渡寺


熊野那智大社です。熊野那智大社は、新宮市の熊野速玉大社と、昨日御参りした熊野本宮大社とともに
熊野三山の一社となり、全国に約4,000社もある熊野神社の御本社です。
熊野那智大社

熊野那智大社


ここにも八咫烏が♪
熊野那智大社 八咫烏


近く迄車で来れちゃいます。ちょっと離れたところからの三重の塔をパシャリ。
三重の塔


下からパシャリ。この角度、好きです。
三重の塔


何の花でしょうか?綺麗だったので撮ってみました。
三重の塔


この後は捕鯨で有名な太地町へ♪環境テロリストこと、シーシェパードが太地町民の皆様に御迷惑を
おかけしていないかの確認をしに行きました。

6. ~太地町~

太地町に入ってすぐのクジラのオブジェ!テンションが上がってきたぞ~!
太地町 クジラのオブジェ


太地町立くじらの博物館です。
太地町立くじらの博物館


お昼近かったので、竹トンボというお店腹ごしらえ。
太地町 竹とんぼ


注文したのは鯨定食 2,000円です。
竹とんぼ 鯨定食


此方は鯨のお刺身です。見た目は馬刺しに似てます。生姜醤油で召し上がって下さい。
竹とんぼ 鯨のお刺身


此方は鯨の竜田揚げです。ちょっと硬かったな~。
竹とんぼ 鯨の竜田揚げ

食後の正直な感想としては、

”まぁ~まぁ~!”

でした♪

満腹になった後は橋杭岩を観る為に串本町へ!途中、追込み漁をやっていそうな場所があったのでパシャリ。
太地町 追い込み漁

7. ~吉野熊野国立公園~

太地町から車で20分位で橋杭岩に到着。
橋杭岩


岩が立派にそそり立っています!
橋杭岩

橋杭岩

橋杭岩

”正直、微妙でしょうか。。。”

生で観ると結構綺麗でしたよ♪夜中はライトアップもされる様ですので気になる方は是非、行ってみて下さい♪
この後は最後の目的地の白浜へ。串本町から海岸線をひたすら北上するのですが途中、ガソリン残量がヤバくなり、
次の町で絶対に給油しようと思ったのですが、日曜日のせいなのか町に付いたら国道沿いのガススタが休み。。。
ちょっと走って地元のおばちゃんに訊いて、行ってみたガススタも休み。。。

”ヤバい!!!!”

絶望に打ちひしがれる中、別のおばちゃんに訊いたら、車で10分位走った隣町に行かないと、ガススタは無いとの事。
JAFの御世話になりたくないのですが、このままで問題が解決するわけではないので、覚悟を決め走る事に。
そして走る事10分。無事、給油出来ました。

”v(´∀`*v)ピース”

8. ~南紀白浜~

という事で、最終目的地の南紀白浜に到着。関西を代表するマリンスポットで、大阪や京都からは直通のバス、
羽田空港から南紀白浜空港は1日に3便も飛んでいます。アクセスはかなり良いです。
夏場は激混みらしいですが、いつか夏場の南紀白浜でゆっくりしたいな~。


先ずは南紀白浜のシンボル円月島へ。br 円月島に沈む夕陽は「日本の夕陽100選」に選ばれております。



次は三段壁です。なんとなく東尋坊に似た感じです。
絶壁の洞窟内を散策する事が出来る様です。
三段壁

三段壁


最後は千畳敷です。広い岩畳を思わせる大岩盤で、打ち寄せる波に侵食され、この様な形状に成った様です。
南紀白浜 千畳敷

南紀白浜 千畳敷

南紀白浜 千畳敷

南紀白浜 千畳敷

南紀白浜 千畳敷

南紀白浜 千畳敷

南紀白浜 千畳敷

南紀白浜 千畳敷


当日は残念ながら天気があまり良くなかったのですが自分なりに綺麗な写真が撮れたと思います。
ただ、まだまだ初心者のレベルを脱していないですね。もっと綺麗に撮れる様、勉強していきます。

今回は残念ながらゆっくりする時間が無かったのですが、次回来る機会が有れば少なくとも一泊はして、
ビーチでゆっくりしたり、観光スポットをゆっくり回ってみたいです。南紀白浜の宿を自分なりに調べてみたところ
民宿 あづまやさんは, 一泊5,500円からとお値段的にリーズナブルで駐車場も無料、立地も良いので宿泊先候補として
考えておきます。ま~、沢山の宿泊先がありますのでじっくり検討するのが良いかと思います。

という事でレンタカー返却時間が17:00で逆算すると2時間前には南紀白浜を出ないとマズイのでそろそろ出発。
高速道路を乗って暫くは順調だったのですが御坊を過ぎた辺りから、

渋滞~。。。

40分位ノロノロ運転をして渋滞を抜けた後は結構急いだのですが、結局到着した時刻は17:20でした。
レンタカー屋さんに多少の延滞料金を支払い無事返却。その後は和歌山駅まで送って頂きました。

9. ~総括~

今回もお忙しい所、最後まで”和歌山旅行(2016年3月)”をお読み頂き、
誠に有難う御座いました。1泊2日とせわしない旅となってしまいましたが、和歌山県内の有名観光スポットは回れ、
費用的にも抑えられたと思います。個人的には熊野那智大社が良かったかな~。
最後に再度、今回の和歌山旅行をして良かった事を三点で纏めると下記の通りとなります。


  1. 和歌山市内でレンタカーを借り、自由に移動♪
  2. 高野山、那智の瀧、熊野大社等、和歌山観光のメインスポット攻める♪
  3. 太地町で鯨を食べる♪

改めまして、最後まで”和歌山旅行(2016年3月)”をお読み頂き、誠に有難う御座いました。